コンセプト

Q&A よくある質問

あなたの家づくりをお手伝いします!!

  • 個性的なこだわりの家を建てたい。
  • 家を建てたいけど、誰に相談すればいいんだろう…?
  • 住宅の値段ってよくわからない。
  • 家を建てる時の総予算って、どんなものがあってどのくらいかかるの?
  • 家を建てるのに日程をどう立てたらいいかわからない。
  • 建築家、設計事務所ってどんなことしてくれるの?

こんなお悩みをお持ちの方、当事務所までお気軽にお問合せ下さい。
» お問い合わせはこちらから。

建築家の家づくりワンポイントアドバイス!
皆さんの抱いてるよくある質問にお答えします。

Q1:設計事務所ってどんな仕事してるの?メリットあるの?

A:建築家、設計事務所の具体的な仕事とメリットは下記の通りです。

 我々、建築家、設計事務所は、建て主の要望を聞き、設計図の作成は勿論、建築のデザイン、機能性の充実、品質を落とさない建築コストの低減、施工業者を指導し建物品質の確保といった、建物全体の「トータルコーディネーター」として、家づくり、建物づくりのお手伝いをします。建て主の良き「パートナー」でありたいと思っています。

建築家、設計事務所のメリットは、

  • 建て主のライフスタイルにあった、個性的なこだわりの家・建物が実現できます。
  • 施工会社の見積をチェック・査定を行い、品質を落とさず工事費を低く抑えることができます。また、複数の施工会社の見積を比較検討し、一番リーズナブルな工事費を選択し発注することもできます。
  • 建築の専門家として施工会社と接しますので、建て主が言いにくいことも代弁できます。
  • 建築の専門家として工事内容をチェックし、施工会社を指導しますので品質の高い建物ができます。

△Q&Aトップへ

Q2:設計事務所に頼むと、余計なお金がかかるんじゃない?

A:そんなことはありません。

一般的な住宅メーカーでも、工務店でも設計監理料は工事費に含まれています。表に現わしていないだけです。それだけでなく、様々な経費が発生し、その経費を工事費の見積に上乗せして表現していないことが多いのです。CM、新聞広告、モデルハウスの建設費、営業マン・設計担当者・事務員等の給料にお金がかかってる訳ですから…。

 建築家、設計事務所に依頼すれば、施工会社の工事費をチェック・査定し工事費を安く抑えます。また、複数の施工会社に見積を依頼し、その中から一番リーズナブルな会社に発注することもできます。

 安く抑えた工事費に我々の設計監理料を加味しても、住宅メーカーや工務店の見積書より安いことも多々あります。ですから一概に建築家、設計事務所に頼むと余計なお金がかかるという認識は間違いです。

△Q&Aトップへ

Q3:設計監理料っていくらかかるの?

A:下記のようになります。

 一般的には住宅の場合だと工事費の10%が相場だという話をよく聞きます。規模の大き建物の場合は、3〜5%ぐらいというのが相場でしょうか。

 わたしどもの事務所はその相場を考慮して下記のように設定します。

  1. 一般住宅の場合(工事費:1000〜3000万程度でその他一般住宅に準じるもの)
    工事費の7〜12%程度
    金額にして180万円〜250万円程度
  2. 規模の大きい建物(工事費:5000万以上で一般住宅以外のもの)
    工事費の5%程度

 上記の料率、金額は目安で建物規模、用途、設計の難易度によって異なってきます。規模が大きく、工事費が大きいものになればなるほど料率は下がります。

 具体的な設計監理料については建て主とご相談の上決定し、設計監理業務委託契約を結ぶことになります。

△Q&Aトップへ

Q4:工事監理ってどういうこと?必要なの?

A:必要です。とても大切なものです。

 いかなる建物を建てるときでも、建て主は設計者や工事監理者を定めることになります。これは公官庁等に建築確認申請を提出するときに必要になります。建築確認申請とは、建築基準法に則って建物が設計されてるかをチェックする届け出です。

 工事監理者は、工事が設計内容に従って適切に行われているかどうかをチェックする義務があります。建築家、設計事務所は建て主の代わりに、施工会社を指導し、工事スケジュールの管理、工事内容の妥当性、品質の確保等を専門的立場で工事内容をチェックします。

 設計だけでなく、工事監理もセットで建築家、設計事務所が行うことで、個性的でこだわりの住宅(建物)が高い品質で実現できます。

△Q&Aトップへ

Q5:工事費と設計監理料の他にかかる費用は?

A:おおよそ下記のような費用がかかります。

  1. 建築確認申請料+完了検査料
  2. 建物登記費用
  3. 住宅火災保険
  4. 工事中の借家代(別敷地に建てる場合は必要無し)
  5. 引越代

 どんなケースでも上記の5項目ぐらいは必要となります。その他、設計内容、工事内容によって変動があります。

詳しくはお問い合わせ下さい。

△Q&Aトップへ